オリックス銀行カードローンとVIPローンの違いは?

オリックス銀行カードローンというと、業界最低水準の低金利で高額融資も可能な人気の高いカードローンですが、もう一つ、似た名前で「オリックスVIPローンカード」というカードローンがあります。この二つのカードローン、金利はオリックス銀行カードローンが年3.0%?17.8%、限度額800万円なのに対し、オリックスVIPローンカードは金利年3.0%?16.8%、限度額800万円となっており、カードローンのスペックを比較してみても似ています。ではこの二つ、一体どういった違いがあるのでしょうか。

 

同じオリックス系列のカードローンであるこの二つですが、実は決定的な大きな違いがあります。それは、総量規制の対象になるかならないか、という点です。総量規制というのは、改正貸金業法により導入された、個人の借入総額は年収の3分の1までに制限される、という仕組みのことです。貸金業者からの借入の場合、限度額が500万円などといったカードローンであっても、自身の年収の3分の1以上は原則借入ができないと法律で定められています。

 

この総量規制は貸金業法にて定められているもの、貸金業者に対して適用される法律です。貸金業者というのは消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などがそれに該当しますが、オリックスVIPローンはオリックス・クレジット株式会社というオリックスグループの総合信販会社であり、したがってオリックスVIPローンカードは総量規制の対象になる、というわけです。

 

一方のオリックス銀行カードローンはといいますと、こちらは銀行の融資するカードローンとなりますので総量規制の対象外になります。自身の年収による法的な借入れ額の制限は受けません。これが、オリックス銀行カードローンとオリックスVIPローンカードとの一番大きな違いとなります。

 

また、オリックスVIPローンカードは最短60分で審査回答と審査スピードの早さをうたっています。平日14:30までに契約内容の同意手続きをした場合には、当日の振込融資も可能です。オリックス銀行カードローンは現在のところ即日融資には対応していないようなので、この点についてはオリックスVIPローンカードのほうに利点があるかもしれません。以上のことから、高額融資を希望する方や急ぎの融資ではない、という方の場合にはオリックス銀行カードローン、即日融資や急ぎの融資を希望していて小額な借入という方の場合にはオリックスVIPローンカードがそれぞれおすすめ、と言えるのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る